☆ ☆ お 知 ら せ ☆ ☆
 
     


1 住民主体型生活支援訪問サービス実施団体の追加募集(1回目終了:2回目は10月2日〜31日)

 
このサービスは、老人クラブ等の地域団体が、簡易な生活支援があれば自宅で自立した生活を送ることが可能な要支援者等を訪問し、生活の支援を行うものです。
 広島市では、このサービスを実施する団体を追加募集し、運営費などの費用の一部を補助します。

 募集の詳細は、広島市のホームページをご覧ください。





2 高齢者いきいき活動ポイント事業活動団体の公表、活動団体の継続募集について


 70歳以上の高齢者の社会活動や自らの健康づくり・介護予防活動の実績に基づき、ポイントを付与し、1年間貯めたポイント数に応じて、その高齢者に奨励金(限度額1万円)を支給する制度が始まりました。

 引き続き、広島市において、この制度の高齢者にポイントを付与する団体の募集が行われています。
老人クラブが行っている社会活動や健康つくり活動は、すべてポイント付与の対象となっていますので、このポイントを付与する団体として老人クラブを登録する必要があります。

 登録を希望する老人クラブは、所定の届出書を広島市健康福祉局高齢福祉課へ提出してください。
届出書の用紙は、各区健康長寿課、各地域包括支援センターで配布しています。また、広島市のホームページからも印刷できます。


この制度の詳細及び活動団体の一覧等はここから広島市のホームページへ。



3 介護予防・日常生活支援総合事業(新地域支援事業)の公募開始について(受付終了)

      
受付期間:平成29年4月3日(月)から4月28日(金)まで

事業内容:@地域高齢者交流サロン(補助額:年額5万円または10万円)
       
A住民主体型生活支援訪問サービス(補助額:年額10万円
                              +コーディネーター謝礼金1日1000円)
 

申 込 先:広島市社会福祉協議会福祉課
      広島市南区松原町5−1ビッグフロントひろしま6階     

        
電話082−264−6403

    ※応募の手引き等詳細は、社会福祉協議会のホームページをご覧ください。
     応募についてのご相談にも随時対応しています。

        @地域高齢者交流サロンは、こちらから
      
A住民主体型生活支援訪問サービスは、こちらから